犬に食事を与えるときですが、食事を出したとたんに食べさせるわけではなくまず礼儀よく待たせます。

そしてきちんと待つことができたら「よし」と声をかけて食べさせるようにしましょう。

犬のしつけ まて

この「よし」を覚えると、犬は「OK」と意味で認識しますので、何でも「よし」でスタートするようになると思います。

これに手による合図も合わせてみて、しつけをするようにするとより効果的になり、犬には何にOKの号令を出しているのか認識できるようになってくると思います。

言い方ですが「よし!」と少し口調を強めて発音するようにしましょう。

弱めに発音すると「よしよし」と褒められているのと勘違いをする可能性もありますので、言い方は変えておきましょう。

藤井聡の犬のしつけ法では、食事のしつけに一口給仕法というやり方を取り入れています。

 

次に「おすわり」のしつけに関してですが、「おすわり」は食事をするタイミングでしつけを始めてみてはいかがでしょうか?

それではどうやってしつけをするかというと、犬のご飯を飼い主が持った状態で「おすわり」と言います。

このときに犬のお尻を少し押し込むようにして座らせるようにします。

きちんと座ったら食事を与えるようにします。

これを食事のたびに繰り返してみましょう。

 

次に、食事のときではなく普段のときに「おすわり」と言い、軽くお尻を触って見ましょう。

このときにご飯のときのようにきちんと座ったら「おすわり」大成功です。

最終的には言葉を発するだけで犬が自主的に座るようになるまで、「おすわり」のしつけを頑張ってみましょう。