犬を散歩させていてたまに犬が何か食べていると感じることはありませんか?

犬というのは好奇心が旺盛で外で見つけたものをついつい口に入れてしまう可能性があります。

犬のしつけ

何も危険がないものだといいのですがほかの犬の糞や尿など口に含んだりして病気をもらってしまう可能性もあります。

そういう危険性があるものを口に入れないように、きちんと拾い食いのしつけをしておく必要があります。

 

まず、散歩中食べそうな物が落ちている場所は避けて通るようにします。

また拾い食いをしそうになったらリードを引っ張ったり「ダメ」と強い口調で叱ったりなどしてきちんとしつけるようにしましょう。

ここで注意しなくてはならないのは叱るときは1度ということです。同

じことで何回もしからないようにしましょう。

 

それでもダメな場合は一度拾い食いをさせてみましょう。

とは言っても外にあるものは危険ですので、家からタバスコなど犬が嫌がるものを塗った食べ物を持ってきて外に置き犬に拾い食いをさせてみます。

そのときに置く食べ物は家では出さないものにしましょう。

見慣れている食べ物なら安心して食べてしまう可能性があります。

 

家から持ってきたものを犬が見ていないところで自然と置き、それを食べさせてみます。

そこで犬が嫌がって口から出してしまえばしめたものです。

これを何回か繰り返して、犬に外で何か拾って食べると嫌な事が起きると認識させるようにしましょう。

何事も根気が大切です。犬が危険な目に合わないようにがんばってしつけをするようにしましょう。

 

犬のしつけ法に関しては、森田誠さんや藤井聡さんが有名です。

中でも森田誠さんの犬のしつけ法は、愛犬との信頼関係を築きあげることで行います。

叱るのではなく、犬にわからせてあげるという感じの方法です。