マウント・クックは、南島を南北に走るサザンアルプスの最高峰です。標高3753.5メートル。

「南半球のスイスアルプス」とも呼ばれています(「アオラキ・マウント・クック」がその正式名称です)。

ハイキング、トランピング、遊覧飛行など、自然大好き派にはたまらない地域です。

マウント・クックへは、南島の主要都市クライストチャーチや、クイーンズタウンからニュージーランド航空が運航しています。

クライストチャーチからは1日2便、所要時間は約1時間です。

クイーンズタウンからは1日3便、所要時間は約40分です。

クライストチャーチやクイーンズタウンに宿泊して日帰りや1泊ツアーに参加することも可能ですが、できればゆったりとこの町に泊まってみるものいいですね。

山小屋風の簡素なつくりのロッジに泊まるのもまたいい体験になります。

実は、マウント・クックは、雨が多いことでも知られています。

せっかくマウント・クックを訪れたのなら、天候の良い日にその勇壮な姿を見ていただきたいと思いますので、やはり数日の余裕をもつことをお勧めします。

マウント・クックでは、その自然を満喫するためにも、トレッキングに参加するとよいでしょう(ただし、ニュージーランドでは、トレッキングとは呼ばず「トランピング」といいます)。

注意すべきことは、マウント・クックは雨が多いことに加え、これはニュージーランド全体にいえることですが、気温の差が大きいということです。

レインコートは防寒具代わりにもなりますので忘れずに持参してください。